読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界で孤軍奮走

元自衛隊が自転車で世界一周するブログ

地道に逝こう

9月初日

今日はホストさんの配慮により

ベガスを案内してもらえることに

しかし、連れてきて貰ったのは老人ホーム兼ホテル

不思議に思っていると「友達がいるから会わせてあげるよ」

だそうだ、まさか日本の現場から離れアメリカの現場を見れるとは

設備や現場は日本とあまり変わらない様子で親近感を感じた。

肝心の友達はお客さん側で、アルツハイマーだった。

詳細は省くが、いま話したことを忘れてしまうといった感じだ。

その後、ホテルのビュッフェに向かった。

新規入会することによってビュッフェが半額になるそうだ。

こういうことを聞くとスグに紹介料等なにか裏があるのではと

考えてしまう私は少し腐っているのだろう。

そんな考えを振り払いつつ、半額で頂いた。

そこのビュッフェは流石はラスベガスといったところで

いままで食べてきたビュッフェよりも豪華だった。

アメリカン、イタリアン、アジアン様々な種類もあり美味い。

これで3$ってんだからビックリである。

お腹一杯頂いたあとはラスベガスの中心地に向かった。

そこにはエッフェル塔やピラミッド、様々な国の建築物があり活気で溢れていた。

ホストさんに付いていくと何故かカジノばかり紹介される。

最初の2つ3つは新鮮味があったものの、違いがあまりわからない

唐突にお店の友達に会いに行くとかされるし、距離も近いしボディタッチも多い(アメリカならではなのだろうが私は苦手である)

私はといえばもっと色んな所に行きたい気持ちでいっぱいだった。

201609081309349c2.jpg

有名なラスベガスの看板

20160908130935057.jpg

201609081309395f7.jpg

201609081309308dc.jpg

このラスベガスの万能感

201609081309203a7.jpg

驚くなかれ室内である。

201609081310238ff.jpg

20160908131031c04.jpg

ダウンタウンのほうが人が少なく見えた。

提案してみることに

「カジノではなく、もっと色々な建築物や店を見てみたい」と

「わかったよ」と言いつつなぜかホテルに向かい。

「これがカジノ笑」うぉい!!

その後53Xというストリップショーを見に行った。

デイビスと迷ったが断腸の思いでこっちにした。

決して性欲が勝ったとかそういうことではない、あくまで刺激が欲しかった(ゲス顔)

ネタバレを控えながら簡潔に内容を説明すると男と女が出てきて、ダンスをしてから最終的に脱がされるショーだった。

しかし肝心の局部は見えない

だけどとても刺激的で、満足して帰路についた。

にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 海外貧乏生活へ