世界で孤軍奮走

元自衛隊が自転車で世界一周するブログ

【有料の親切】Bonjdour〜Dakhla-西サハラ

2018年12月6日

 

この日のことは、やりきれなさが入り混じった複雑な感情があり、鮮明によく覚えている。

 

ロッコの港町カルタヘナを出発してからここまで、ちょくちょく小さな交流はあるものの、ただひたすらに走っては野宿して寝る生活を続けていた。

 

あまりの退屈に早く何か起こらないかと街を急ぎで目指していた。人でも食べ物でもなんでもいいから楽しみがほしかった。

 

今日の目標の半分まで走りきり、昼下がりにもなっていて「あともう一踏ん張りしよう」としたところに、小さな村が見えた。

 

その村は村と言うには建物が丈夫そうで、政府が立てた施設が固まった場所だった。

 

その一つの建物からおじさんがこっちに向かって歩いてきた。

 

「おい、あそこは警察だから寄ってけ」ちょっと説明が不足している大ざっぱな感じで来るように言われた。ここに来るまでに村や街に入るたびに警察や軍による検問がたくさんあったので、それだと思いついていった。

 

このおじさんは一般人にしか見えなかった。

 

建物に着くと、確かに警察がおりIDのチェックをされ「どこからきた」等の簡単な質問をされた。

 

一通り終わると先ほどのおじさんが「ここは泊まれるようになっていて、警察がいるから安心だ」と泊まるように勧めてきた。そして黄色いファイルを渡されて中身を見ると、さまざまな国の人たちがこの人たちに向けた感謝の言葉を書いた紙を入れたファイルだった。

 

それを見るに「ここはとてもいい場所なんだと」思い、泊まることを即決した。

 

出してくれたミントティーを飲みながらゆっくりしていると、おじさんが「温泉があるからついてこい」と言ってきた。

 

なんと温泉があるのか!!

 

温泉ジャンキーの自分はすぐさま準備して、おじさんについていった。

 

 

温泉の施設の管理している建物に旅人の写真や感謝の言葉が壁に書かれていた。

 

 

 

温泉はこのようになっており、モロッコでは基本的に掛け湯である。

 

さいっこう!!!フゥー!!!!

連日の顔に吹けつける砂嵐と日光にやられていた自分は、砂漠のオアシスならぬ温泉で一人で大はしゃぎした。

 

 

疲労もあってか、温泉をでたあとはぐったりまったりしていた。

なんとなくさっきの感謝ファイルを見返してみると気になる一文があった。

「ここはお金が必要」という文だった。

 

さっきのおじさんはさも無料で提供している風だっただけに、これがお金で提供されていると知って衝撃が走った。

無償の親切を期待しすぎてしまったという事が原因で、本来有料でも泊まっていたが後から知らされる有料という事実を詐欺のように感じてしまって嫌な気持ちになる。

さきほどおじさんからから言われた「あとでタジン鍋あるからたんまりたべてな」という言葉もそういうお金からきていると考えると、複雑な気持ちになる。

 

知らないふりをしていても良かったが、おじさんに聞いてみた。

「ここって有料なの?」なんとも言えない顔で「そうだ」と答えた。

 

感謝ファイルに相場も書かれていたが人によってマチマチなので、書かれていた最低料金を言ってそうそうに支払って終わりにした。

 

がどうしても感情は晴れない。さっきまでのおじさんの微笑みは嘘のようにさえ思えてきた。

 

美味しいはずの夕食のタジンも楽しめず、ベッドに早々に向かい寝た。

 

 

次の日早く目が覚めて、さっさと身支度を整えて出発しようとすると

「このファイルに書いてから出発してくれ」と言われたが「いや、やめとく」と思ってないことはできないので、断って出発した。

 

こういうことは提供してくれるだけありがたいが、せめてお金がかかることは初めに伝えてほしいやりきれない気持ちをこの出来事を思い出すたびに蘇る。

【マラケシュのとっておきグルメ情報】Marrakech−モロッコ

 2018年11月9日

 

アフリカのモロッコマラケシュの日本人宿「Riad House13」で沈没しております。

ただただ沈没しているだけでは生産性が皆無なので、僕が行った美味しいお店を紹介して行こうと思います。

続きを読む

【アフリカ上陸】Algeciras〜Tanger−モロッコ

 2018年9月29日

 

お久しぶりです。僕は元気にトルコからスペインまで、ヨーロッパを駆け抜けました。そして更新が滞っていましたが、アフリカ編からまた更新していこうと思っています。

 

ヨーロッパ編をやろうとすると膨大な量になるので、またの機会にしたいと思います。

 

続きを読む

【新天地へ−後編−】Toronto〜Turkish−トルコ

前編の続き

 

サンティアゴに無事に飛行機で到着した。

 

ここから離れているらしく、バスでターミナルまで向かう。

 

続きを読む

【新天地へ】Ushuaia〜Santiago−アルゼンチン

ウシュアイアではこの「backpacks」に1週間ほど滞在していた。

 

チェックインしたときにチャリダーは1泊無料ということを知っていたので、そのことを聞くと「いま人がいっぱいでそんなこと言ってられないんだ」そこをなんとかというと「3泊してくれたら1泊分安くするよ」ということで泊めてもらっていた。

 

ウキウキで6泊して、もう1泊分安くしてもらおうとしたら「もうだめだよ」と言われてガックシ。

 

がここのヌシっぽいオッサンと気が合わず、リビングで居座っているので部屋の優しいおじさんとばかり喋っていた。 

続きを読む

【アメリカ大陸、最南端】Tolhuin〜Ushaia−アルゼンチン

2018年5月12日

 

伝説のパン屋さんまで一緒だった、パコさんとミチコさんは飛行機の都合で先に出発した。

 

自分はといえばアメリカ大陸最南端を目の前にして、その気分を長く味わいたいため、伝説のパン屋に二泊していた。

 

エントランスでゆっくりしていると、チャルテンの宿で働いていたバイカーのイナバさんとたまたま再会した!再会祭りである。

 

イナバさんはリオグランデからここまで3時間ほどで走ってきたが、バイクであたる風が死ぬほど冷たく、見かけた町に寄ったところでパン屋にたどり着いたらしい。

さすがの伝説は伊達じゃない。

 

お互いに最南端を目の前にゆっくりと過ごした。

 

そして今日出発して、最南端に到着する日になるだろう!

そう息巻いて、イナバさんに別れを告げて出発する。

 

 

とは言ってもやることは一緒、ペダルをひとつひとつ回して行く、ただそれだけだ。

続きを読む

【伝説のパン屋】RioGrande〜Tolhuin−アルゼンチン

2018年5月10日

 

あれからアルゼンチンに再入国後してガソスタで一夜を過ごした、もちろん許可を取ってだ。

 

 

昨日はパコさんたちは町のホテルを使い、お金を使いたくない私は郊外のガソスタを使った。こんだけいいところでフリーキャンプできるなら、いくらでもキャンプをし続けられると考えているからだ。

 

 

それにシャワーもついており、Wi-Fiは電波は出ているけれどネットに繋がらないよくあるやつで、町のガソスタでもそうだったのでそこまで重視していないのだろう、自分もなくても死なないので構わない。

 

「さーてと!気持ちいい朝だし出発するか!!」と気合を入れたところで

 

 

おーい

 

 

とどこからか声が聞こえた気がした。

 

おーい

 

 

周りを見渡してみると、またもや見慣れた姿が!

 

やっぱり、パコさんとミチコさんだったw

行く時間はお互いに知らせてなかったものの、偶然の再会。

 

なんとなく再会するとわかっていたから、お互い知らせなかったのかもしれない。

今日も一緒に走り出した。

 

 

日の出が8時半とは、寒いのでお日様も寝坊したい時期なのだろう。

 

 

「風が強すぎる!ここはまだ追い風の地域じゃないのか!!」

木がない地帯が多いので、風が強いとモロに影響を受ける。昨日は追い風で今日も同じ方向に向かっているはずなのに、町を挟んだだけで風の向きがガラリと変わってしまった。

 

昼食の準備をするのにも物が吹き飛ばされてしまうため、簡単なものしかとれなくなる。好きあらばおむすびコロリンのごとく食事はどこかに消えていくだろう。

 

そんなときに自転車同士固まりながら走ると先頭はいつも通りなものの、あとの人たちは多少楽に走ることができる。パコさんが男気を見せてずっと先頭を走っていた。

 

少し止まってコーヒーブレイク。

 

お湯を作ることが難しいため、ミチコさんが持ってきてくれた保温ポッドに入れたコーヒーを飲む。

 

「うへぇ!うまい!」

ガラガラに乾ききった喉をホカホカとしたコーヒーが流れ、荒野地帯が草原になる美味しさ。ちょっと何言ってるかわからない。

 

 

少しミチコさんがウンザリしているような雰囲気を感じ取り聞いてみると

 

「ずっとパコがあそこなら野宿できたとか言ってるのよ笑」

 

すぐ後ろを走っているミチコさんはパコさんの独り言がずっと聞こえ、この旅始まってずっと聞いているのでウンザリしているようだったw

 

 

日がなくなるまで1時間ちょっとのところで坂がキツイところがあり、坂では誰かのペースに合わせると辛いのでそれぞれのペースで行く。

 

そこで少しだけ自分が先に行ったので、二人に声をかけて先に行って宿とビールの確保をすることにした。

 

ビューっと飛ばしていく日も暮れて同時に気温も下がり、上着を3枚着込んでいても寒さが忍び寄ってくるぐらい寒くなってきた。

 

「ちょっと心細くなるな」確かに忍び寄ってくる、暗さと寒さでそう思った。

 

町の少し前でもうひと踏ん張りするために、お菓子を食べる。

「これで大丈夫」

 

そう確信し、水でノドをうるおしたところ。

 

 

「やばい、トイレ行きたくなった」

 

茂みの方に行って用を足す。

 

「やっべ靴にかかった!!」

水で少し洗う。

 

とかワチャワチャやって戻ってくると、二人に追いつかれてしまっていた\(^o^)/

 

 

チャリダーならもちろんご存知!のウシュアイア前の伝説のパン屋に到着。

 

 

レストランに移動して

 

「せっかくだからお金出すから好きなもん食べて!」

 

と言われ珍しく外食で頼んでみると、そこで半端ない大きさのチキンカツサンドイッチが出てきた…!

胃袋を刈り取る形をしているだろ…?手よりデカイ。

 

 

肝心の寝床ではチャリダーの積み重ねた想いが、なだれ込むような暖かい感情を抱いた。

 

 

ひとつ、ひとつの書き込みが、色んな思い出と感情と信念を抱いて到着したのだと伝えていた。

 

同時にここに着いた時の充実した達成感、ともう少しで終わる名残惜しさの寂しさを感じたのだろう。

 

先日のバス停のような遊び半分の印象では決してなかった。

 

気持ちを積み重ねないとそれは味わえないもの、夢中でコツコツと積み重ねて気づいたら空の上、そんな素敵なことをしていたのだと。

 

 

自分たちも想いを書き込んだのだった。何を書き込んだかは見てからのお楽しみ☆

 

bicycleman71.hatenablog.com