読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界で孤軍奮走

元自衛隊が自転車で世界一周するブログ

【猿とアライグマと人間の三つ巴】マヌエルアントニオ公園 -コスタリカ

2017年4月5日

 

ケポスのホテルの人に言われた中央のバスターミナルにて国立公園行きのバスを待つ。

5分ほど待つとバスが来て、290コロン(60円)払って乗り込む。

f:id:bicycleman:20170426092128j:plain

 

 

f:id:bicycleman:20170426092134j:plain

自転車では絶対に押すことになるであろう急斜面をバスがキリキリと上っていく。

 

 

f:id:bicycleman:20170426092140j:plain

15分ほどで到着、降りた反対側の道の奥に入り口があるらしい。

 

f:id:bicycleman:20170426092149j:plain

こういう時は他の観光客を参考するに限る。

歩いていくと再びコンクリートの道路繋がり、右側に入り口が見えた。

左のチケット売り場で先に購入しなければいけない。

 

しかし、そのチケット売り場の職員が馬鹿にした態度をとっていたのは腹が立った。

どうしもアジア人は全てのことをチーノ(中国人)と言いたいらしい。

落ち着いて説明したものの

 

「おいwwチーノがなんか言ってるぜwwwwww」

 

暖簾に腕押しなので19ドル分のコロンを払い、入り口の方に向かう。

 

f:id:bicycleman:20170426092159j:plain

ここから入り口につながっている。

 

f:id:bicycleman:20170426092206j:plain

この生き物が全部いるのか!ワクワクしてきた!

 

f:id:bicycleman:20170426092211j:plain

地図を確認する。1日かけてやっと周れそうな広さだ。

 

f:id:bicycleman:20170426092218j:plain

入場!

入口付近の左側の林からカサカサという音が聞こえ、注意して見てみると

鹿のような生き物が居た。が草が茂っていて上手く捉えられなかった。

 

f:id:bicycleman:20170426092227j:plain

なんだか植物園にでもいる気分だ。

 

f:id:bicycleman:20170426092237j:plain

ルートによっては風景も眺められるのでそのポイントに行ったが

微妙であった。

 

ここは動物を主体で見たほうが楽しめることに気がついた。

移動しまくっていると時間がなくなってしまう。動物を探すことにした。

 

f:id:bicycleman:20170426092232j:plain

歩いていると猿と遭遇した。

 

f:id:bicycleman:20170426092242j:plain

近寄ってくる!?

 

 

 

 

 

f:id:bicycleman:20170426092257j:plain

と思いきや通り過ぎて、だらしなく寝っ転がった。

 

だらしすぎやしないか?

 

f:id:bicycleman:20170426092309j:plain

人間自体には敵対意識は無く、のんきに横切ったり写真を撮られたりしていた。

 

f:id:bicycleman:20170426092357j:plain

なんだろうこの図は?

 

「俺の肛門大丈夫か?」

 

「見ただけじゃわからない、指入れてみるぞ!」

 

「うわぁ…」

右からそう言っているようにも見える。

 

f:id:bicycleman:20170426092322j:plain

人が集まっているところには何か居る。イグアナである。

この子の周りには集団ができており、一人の荷物がすぐ側に置いてあり

取れないでいるところに段々と集団ができたらしい。

 

f:id:bicycleman:20170426092335j:plain

よくカニの殻が落ちていた。サルたちが獲って食べているのだろうか。

 

贅沢なやつらめ。

 

f:id:bicycleman:20170426092347j:plain

鳥が一生懸命、木を突付いていた。ケツァールではない。

 

f:id:bicycleman:20170426092352j:plain

アライグマまでいるなーと思ったら、他の場所にもそこらじゅうに沢山いた。

 

f:id:bicycleman:20170426092342j:plain

しばらく歩くと、ビーチに出た。

バカンスに来ている人たちも大勢いるようだ。

バカンスはここじゃなくてもいいんじゃないか?

 

その観光客を猿とアライグマが荷物の食料を狙っている光景にはよく出くわした。

食料を持たない自分は関係ないのでとても興味深かった。

f:id:bicycleman:20170426092329j:plain

猿はすばしっこいが

アライグマは少し鈍くて、取り損なって帽子で叩かれそうになったりした。

 

f:id:bicycleman:20170426092408j:plain

大きめのイグアナ。

 

f:id:bicycleman:20170426092413j:plain

お分かり頂けるだろうか?

ナマケモノが居るらしい。

管理員に「ナマケモノってどこにいるの?」と聞くと

 

「お、チーノが俺に何の用だい?なに、日本人?そうか、わかったぜチーノ!それでチーノは何を聞きたいんだ?」

 

全然わかってないじゃんか!

ここまで言われるのは初めてだ、コスタリカ人嫌いになりそうだよ…。

 

ナマケモノもよくわからないし。

時間も無くなってきたので、半ば諦めて出口に向かった。

 

f:id:bicycleman:20170426092418j:plain

お分かり頂けるだろうか?

目視で今度はハッキリと確認できて

感動していたものの写真にするとなんだかわからない。カメラが必要か?

 

見たかったケツァールをお目にかかることはできなかったが

ナマケモノは見つけられたので満足して帰路についたのだった。

 

前記事

bicycleman71.hatenablog.com