読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界で孤軍奮走

元自衛隊が自転車で世界一周するブログ

【子供との触れ合い】サンミゲル〜サンロレンゾ -ホンジュラス

2017年3月25日

 

早朝そうそう、横からバスが飛び出てきて

歩道側に急ハンドルした結果

段差に自転車をぶつけ荷台の溶接した場所が壊れてしまった。

 

なんてこった、400円ほどしたのがたった数日で壊してしまった。

いや、これならいずれ壊れていただろう。

 

早まっただけだ。

 

紐でくくりつけると問題なく、くっついたのでそのまま進む。

 

f:id:bicycleman:20170329140732j:plain

走り出してスグに城のような建物

 

f:id:bicycleman:20170329141404j:plain

当初は90km先の村だったが、予想と違ったことがありこれに変更することになる。

 

f:id:bicycleman:20170329140737j:plain

風流を感じる。

 

f:id:bicycleman:20170329140741j:plain

食堂に入り料理を待っていると、隣で紐で戯れている子猫が居た。

カワイイ。

 

f:id:bicycleman:20170329140746j:plain

これでコーヒー付きで380円ほど、美味い。

 

f:id:bicycleman:20170329140752j:plain

兄弟で登校?していた。二人乗りしようとしてコケた後。

 

f:id:bicycleman:20170329140757j:plain

国境前の最後の町サンタローサ。それなりに栄えており、アイスを頬張る。

 

f:id:bicycleman:20170329140801j:plain

国境越え前に店で食料と水を買う。

 

 

f:id:bicycleman:20170329140812j:plain

イミグレーションでスタンプを貰おうと探すももっと先だと言われる。

 

両替を持ちかけられ、10ドル分だけ両替する。

今回は少額な上、レートが公式よりも良く少し得をした。

 

f:id:bicycleman:20170329140807j:plain

自転車は左だと言われ左のルートを取る。

 

f:id:bicycleman:20170329140817j:plain

サンサルバドル側のイミグレーション。スタンプはしないらしい。

 

f:id:bicycleman:20170329140822j:plain

ホンジュラスに続く橋。警備員は日本人だとわかると快く通してくれる。

 

f:id:bicycleman:20170329140827j:plain

ホンジュラス側のイミグレーション。

檻に囲まれていて牢獄のようである。

 

f:id:bicycleman:20170329140839j:plain

ニカラグアに行くか聞かれ、行くというと3ドル払うことになった。

手続きも終わり、ホンジュラス入国!

f:id:bicycleman:20170329140833j:plain

なんだか、だだっ広く感じる。

それは遠くまで見えるからだろう、アップダウンは少ないと見た。

 

f:id:bicycleman:20170329140844j:plain

自転車移動型のアイスクリーム屋。暑いのにご苦労様です。

 

f:id:bicycleman:20170329140849j:plain

兵隊の銅像。ここで戦闘があったのだろうか。

 

国境から20kmほど進むとチラホラと住宅があった。

そこのひとつから子供が何か言いながら手招きしているではないか。

面白そうなので近寄ってみる。

 

すると少年が次から次へと集まってきて、早口で捲し立てられる。

わからないので落ち着いてもらう。

 

「どっからきたの?」

「どうしてこんなことしてるの?」

「お金ちょうだい!」

ということらしい、最後に関しては持ってそうに見えるか?と聞くと笑われた。

 

写真を撮っていいか聞くと、一斉に顔を隠したり逃げ出したりしたため

逃さんばかりに連写する。

f:id:bicycleman:20170329140855j:plain

f:id:bicycleman:20170329140901j:plain

ウハハハ!

逃げないとお兄さん撮っちゃうぞー!!

ひとしきり騒いだ後に、バイバイをして出発した。

 

f:id:bicycleman:20170329140908j:plain

珍しく食堂を見かけたので、入ってフライドチキンセットを頼む。

 

f:id:bicycleman:20170329140912j:plain

隣のトゥクトゥクでは賭けトランプをしているオッチャン達が居た。

 

f:id:bicycleman:20170329140919j:plain

ポテトかと思われた物は違く、プラタノという巨大バナナを揚げたものだった。

ポテトの方が良かったかな。トルティーヤもなんだか薄い。

鳥は美味かった。

 

f:id:bicycleman:20170329140923j:plain

なんだか荒れている家もチラホラと散見された。

 

f:id:bicycleman:20170329140929j:plain

道の途中に途切れ目もあり、走行も少し気をつけなければならない。

 

f:id:bicycleman:20170329140934j:plain

エルサルバドルで買ったお菓子だが100円で健康には悪そうだが

沢山入っていて美味しい。

 

f:id:bicycleman:20170329140939j:plain

子どもたちが裸で水浴びをしていた。羞恥心はないようだ。

 

f:id:bicycleman:20170329140944j:plain

90kmの町についたものの小さすぎて

ホテルも消防署もないためもう少し進むことにした。

 

f:id:bicycleman:20170329140949j:plain

珍しく自転車に関する看板を発見。そういう概念があるのかと少し感動する。

 

f:id:bicycleman:20170329140954j:plain

ここを右に行く、この道を明日まで走ればニカラグアに着くだろう。

 

f:id:bicycleman:20170329141000j:plain

20kmほど走り、中規模の町サンロレンゾに到着。

 

f:id:bicycleman:20170329141005j:plain

「腹は減ったか?」という意味の看板

そんなん見せられたら腹減るわ、ばか!

 

f:id:bicycleman:20170329141011j:plain

地元の自転車屋、子どもたちが沢山集まっていた。

 

f:id:bicycleman:20170329141017j:plain

お土産屋もあるが、観光客が来るような場所とは思えなかった。

 

f:id:bicycleman:20170329141023j:plain

メキシコからお馴染みのマキシディスペンサーもある!

夕食とビールを買う。

 

これまたお馴染み、消防署に泊まることになったが。

f:id:bicycleman:20170329141027j:plain

文字の表記を見て欲しい、日本語ではないか!

この消防車は日本から遥々こんなところにやってきたことが伺える。

 

f:id:bicycleman:20170329141032j:plain

ズボンを洗濯すると今日はひときわ汚れており、水が茶色になった。

 

f:id:bicycleman:20170329141037j:plain

ホンジュラス産かと思われる、ビールを堪能する。

右が濃厚で美味しく、左は少し薄く感じた。

 

f:id:bicycleman:20170329141042j:plain

布団を貸して頂いたので、端っこに寝ることにした。

 

※2017年4月13日現在パナマに居ます。

中米のことを細かく伝えていきたいのですがWi-Fi環境がない場合が多かったので

更新が追いつかないので

エピソードがありそうなところを優先して書いていきたいと思います。

 

前記事 

bicycleman71.hatenablog.com