読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界で孤軍奮走

元自衛隊が自転車で世界一周するブログ

【アミーゴ達】メキシコシティ〜リオ・フリオデ・ファレス【自転車走行情報】

1月9日

 

6時にパチっと目が覚める。

9時に出発予定なので自分の中で

出発というのを理解しているのだろう。

 

 

飯を食べシャワーを浴びてから

荷造りをする。が散らかり放題

昨日の内にある程度やっておけばと後悔。

 

荷造りの途中、アミーゴの人たちが近寄って

「ホントに出発するの?」

「出発やめればいいのに」と言われ

すでに泣きそうになる。

 

荷造りが完了し、出発することを伝えると

「出発するってー!」と皆に拡散され

わらわらとアミーゴの仲間たちがとたんに

吹き抜けに集まった。

 

 

 

20170109_093011 (1)

 

20170109_093241 (1)

 

 

みんなと出掛けたり、酒盛りしたり

馬鹿したり、恋をしていたり

退屈をしている暇など無かった。

5日いる予定が1周間、1ヶ月と伸びてしまった。

 

それが終わりを告げる。

 

記念撮影をし、少し喋っているときに

 

正直こんなに大勢に送って頂くとは思っておらず

私の身に余る送迎に、頭が下がる思いといままでの思い出で

みんなの事をまともに見れなくなってしまっていた。

 

最後にハグをして、手を振るなか自転車を走らせた。

少し走って後ろを振り向くとまだ見守ってくれていた。

 

アミーゴの皆さん、こんな未熟な野郎を

楽しい日々に巻き込んでくれて、ありがとうございました。

また、どこかで会いましょう。

 

bicycleman71.hatenablog.com

 

 

 

 

20170109_093912 (1)

寒い冬の気温だけど、天気は良好。日向は温かい。

 

20170109_094618 (1)

ブカレリ通りの時計台

出発はだいぶ遅いけれど、走れるだけ走って野宿でもいいな

 

 

20170109_112756 (1)

高いビルがなくなってきた。

 

20170109_112221 (1)

進む度に段々と街並みが寂しくなっていく。

 

 

 

 

 

数時間後…

 

20170109_141210 (1)

「この坂、いつまで続くの…」

 

郊外を抜け、汗を流し

坂を3時間ほどペダルをキリキリと回していた。

気温が低いのはせめてもの救いだった。

 

 

20170109_144715 (1)

オアハカに向かって150号線を走っているものの、その道程は

合計5000アップぐらいはするハードな物になっている。

 

メキシコシティからはどの道を選んでも

 

坂は避けられないようになっているからだ。

 

久しぶりのライドで筋肉痛はないものの

鈍っているのを痛感させられていた。

 

 

そんな中、上りは終わり「やっと終わった…」

と思ったが時刻は17時半、もうすぐ日暮れだ。

 

気温は更に下がり、体中を刺すような冷風が

下り坂で勢い良く突き刺さる。

 

上がるも地獄、下るも地獄か。

 

 

 

勢いに負けず進ませると田舎町にしては

少し大きい山の町についた。

 

 

20170109_172254 (1)

そこはリオ・フリオデ・ファレスという町で

とりあえず犬がそこら中に溢れかえっていた。

 

入り口で久しぶりの犬とのチェイスをして

「明日、出る時また追っかけてくるんか…」

と気が滅入る一方、お馴染みの消防署を探す。

 

 

何度も住民に聞きながら進むと小さいながらもあり

泊めてくださいと言うと

「ボスに了解を得てからだけどいい?」と言われ

承諾する。これは消防署で泊まれるパターン。

 

15分後

20170109_180826 (1)

 

OKをいただき、シャワーにベッドに

Wi-Fiタコス付き!最高か!

 

だけど

いつもの喧騒がないこと、それだけが寂しく感じてしまった。

 

 

新しくなりました!クリックで見てくれる人が増えます。して頂けると嬉しいです。


世界一周 ブログランキングへ