読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界で孤軍奮走

元自衛隊が自転車で世界一周するブログ

メキシコシティ【遠い理想郷】

中米編

12月27日

 

20161127_063434.jpg

朝6時起き

まだ暗いメキシコシティをバス停向かって歩いていた。

 

 

トラントンゴ、そこには温泉が山程あるらしい。

私が探し求める理想郷もそこに存在するかもしれない。

 

いままでの経験から

「海外では温泉には期待してはいけない」

という教訓があったが、

人間の欲は底がない。理想を求めてやまない生物であると思う。

 

故にタカさんと理想郷を求めて、踏み出したのだった。

 

 

 

20161127_070545.jpg

バスで北ターミナルに無事到着(学生証を見せたら何故かタダだった)

またここからイスミキルパンまで3時間乗る。

 

チケットがわかりにくかったが

バスの運転手に聞いて突き止め乗車。

 

20161127_072352.jpg

バス内はトイレが付いていてションベン臭く、少し耐え難い。

 

20161127_081052.jpg

窓からの景色

 

20161127_083153.jpg

 

20161127_085009.jpg

段々と晴れてきた

 

20161127_085354.jpg

スペイン語ジュラシックワールドを見ながら

ウトウトしていたらいつのまにかに着いており

運ちゃんが覚えていてくれて、起こしてくれた。

それでなかったら通りすぎていたであろう。

 

 

20161127_102340.jpg

目印も案内もなにもない場所だった。

下調べしたサン・アントニオ教会向かい側の建物を越えた先にある

広場からマイクロバスに乗り換える。50ペソ

 

received_842111459264360.jpg

 

20161127_110015.jpg

昼飯60ペソ、美味い

 

 

 

20161127_121536.jpg

ここからは悪路の上、高い崖のような場所も抜けていく。

少し恐怖を覚えつつ、到着を待った。

 

received_842111232597716.jpg

しばらくするとゲートのような場所に到着し

チケット売りが入ってきて120ペソ支払った。

 

received_842113095930863.jpg

ついに到着トラントンゴ!

ロッカーを50ペソで借り必要なものだけ持って温泉へ。

 

received_842105642598275.jpg

まずは洞窟温泉、下の方から入る

「ん、ヌルい…」上からお湯が流れてきて壮大なものの満足しない。

 

次に上の狭い温泉、「温かい!!」が人が一杯のため

一方通行で通り過ぎるようにして入っただけ

満足しない…

 

次は橋を渡った側に向かうも70ペソの追加料金だったので後回し。

 

来た道を戻り、川のような温泉に入る。

ヌルいものの壁を背に陽にあたりながら入るとマシ。

 

タカさんは先ほどの70ペソから流れてきているお湯のため

「ここは貧民の湯だ!上から富豪がションベン流してるのに入っている」

といっていた。言わないで欲しかった。

 

審議の結果、70ペソの方に入ることにした。

「やっと富豪のいい温泉にいける」

 

received_842118695930303.jpg

温かい湯船には人がごった返していた。

湯温も38度ぐらい、おしい…

 

私達は安らぎの場所を探してきただけなのに

残ったのは虚しさだった。

こんな気持ちになるのなら来ないほうが良かった。

 

そう思いかけた時、タカさんが

「ここ登れるようになってて、上に温かいのがあった!!」

なんと!登ってみると先ほどより温かい温泉があるではないか。

 

received_842114335930739.jpg

2時間ほど堪能し、ホクホクした

皆さんにはオススメのプランとしては

異性と来ることを推奨しよう。

水着で混浴で二人の仲は急接近するであろう。

 

帰る途中、私達は

次は異性来ることを誓い合ったのだった。

 

 

 

↓クリックで見てくれる人が増えます。して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ