読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界で孤軍奮走

元自衛隊が自転車で世界一周するブログ

マサトラン【別れはさよならじゃない】

11月1日~3日

 

現在、おとうさんの工場の会議室で住んでいます。

クーラーもあり快適です。

 

20161111140519a21.jpg

マサトラン観光

ダウンタウン近郊

 

20161111140521f80.jpg

鳩がたくさん居る、

なにげに海外で初めてこんな見たかもしれない

 

201611111405212c3.jpg

ちょうどマサトランにて

ハロウィンと死者の日を過ごした。

 

20161111140519d17.jpg

化学調味料を一切使っていないアイス

チョンくんもご満悦。

 

201611151112430ce.jpg

エレンが食われるシーン再現

 

201611151112479d6.jpg

死者の日あたりに売り出されるパンらしい

質素なお味。

 

死者の日は湿っぽいイベントではなく

賑やかに笑い飛ばすような日らしい。

死んでも向こうの世界で楽しくやっている

と捉える文化だった。日本のお盆とはまた違っていた。

 

20161115111242107.jpg

水族館にて、巨大魚(スペイン語なのでわかりません)

 

201611151122247e5.jpg

アシカのショー、こういうのを見るたび

どれぐらいの確率で動物が反抗するのか気になってしまう

なかなかの盛り上がりを見せ、万事終了。

 

20161115112224f83.jpg

お宅に招かれカツカレーや唐揚げとうのご馳走をいただき

私は幸せだった。

 

あるとき、チョン君は「そろそろ僕は出発しなくちゃ」

と朝様子が変だなと思って、沈黙を破ったのはその言葉だった。

 

「そっか…」と返し、見送りに行く。

「今度は南アメリカで会えたらいいね」

 

20161115112725679.jpg

 

2016111511271747a.jpg

「おう、気を付けてな」と私が言うと

彼はいつもより足早に颯爽と走っていった。

 

気楽にはなったかなと思ったが、明日から一人ということを思うと

あまり食べないタコスを少し食べたくなった日だった。

 

 

 

数日後

2016111511272513f.jpg

愛機エンペラーに国旗が付いた。

これもチカさんがわざわざ縫ってくれたおかげだ。

 

そして、今日よりメキシコシティに向けて旅立つ。

 

出発の時にお世話になったチカさんやその御父さん、さらには工場の方々も快く送ってくれた。

 

工事で寝泊まりしてるだけで「邪魔してるかな?」と思っていただけに

「旅立っても私たちがここにいることを忘れないでください、おきをつけて」と言われるなんて思ってもみなかった。

 

チカさんが焼いてくれた手作りのパンとお弁当を持ち出発した。

 

 

↓クリックで見てくれる人が増えます。して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ