読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界で孤軍奮走

元自衛隊が自転車で世界一周するブログ

なべとコッフェル

装備

朝と晩のごはんの必需品「なべとコッフェル」を紹介します。

 

201607071432504fc.jpg

 

 

最初は奥の小さなコッフェルを使って(900円)

 

食べ物が入らなすぎて右の普通のなべを

 

買いましたが(1500円ぐらい)

 

一ヶ月ほどで上の持ち手が外れ、サイドの持ち手も

 

ガタガタということで、新しく左のコッフェルを

 

カナダで知り合ったヒッピーの方が交渉してくれ

 

値引きして頂き、買いました。(2500円ぐらい)

 

201607071432526a4.jpg

 

なんと、これ「あれ、これは入るのでは」

 

と試すと、なべに丁度入るサイズで

 

なべに愛着もあり二つ使っております。

 

201607071432537d5.jpg

 

さらにコッフェルに小さいコッフェルを

 

入れれば、無駄なく収納できてしまいます。

 

小さなコッフェルの蓋の部分はなべ置きになる。

 

ので蓋は意外と一番使ってたりします笑

 

最近は殆ど、パスタかおこわゴハンなんですけどね。

 

 

 

 

 

※追記

 

肝心の使ってる物がなにか紹介しないとですね

 

GSI ジーエスアイ ハルライトポット 2L

性能につきましては、質に関して文句がなく

大きさに関しても邪魔にはならず左右の取っ手も畳めるので問題なく入り

一人でお腹いっぱい食べれるぐらいに作れます。

 

機能はパスタの湯でた熱湯を捨てる穴があり

そこから蒸気が逃げてしまい、蒸らすには向きませが

パスタ等、旅でお世話になる食材には相性が良いです。

 

 

 

 

EPI アルミ3点食器セット

最初期に持ってった物です。

クッカーとして使用するには小さくて難しいです。

マグカップやお皿として割りきって使うならば問題ないです。

とても軽く、収納性に関しても申し分ないです。

 

本文でも書いたかもしれませんが

私自身意外だったのが、フタとして機能するお皿が

鍋置きとしての才覚を発揮するとは思いませんでした。

 

鍋が熱くてベンチを焦がした上に

鍋まで汚したくない時とかに使います。

一番このコッフェルの中では使っております。

 

 

 

なべ

本当にどこにでもある鍋です