世界で孤軍奮走

元自衛隊が自転車で世界一周するブログ

ラパス~マサトラン【トリックorパンチ】

10月31日 無事にラパスよりフェリーに乗り マサトランに到着した私たち。 メンテナンスをするチョンくん に興味津々に集まる子供たち 港なだけあって都会だ。 マックもOXXOもあるんだよ。 期待に胸を膨らませて降りケンタッキーをむさぼり、ホテルを探してい…

ラパス~マサトラン【船で】

10月30日 今日はフェリーにてマサトランに向かう日 ラパスから海岸を一時間ほど走った先にあるそうな 水は相変わらず透き通っております。 それっぽいものが見えてきた… 到着、思ったより豪華な船だった! 日本円にして6500円ぐらい 荷物チェックの時にボタ…

シウダーインスルヘンテス~ラパス【砂煙に包まれて】

10月28日 横にテントを張らしてもらった家の 数メートル先にOXXOがあると聞いたのでウキウキしながら向かう。 が野犬とデットヒート、早速疲れる。 キツネのような犬、かわいい 朝飯をすまして、出発する。 今日は激しいアップダウンもないだろうと地図で確認し…

サンタロサリア~ロレト【人種差別と】

10月24日 朝、たきぎをする カモメが飛んでいた。 朝日がとくべつ綺麗だった。 今日も今日とて走ります。 走ってから休憩、お店にて 40度はある日中はコーラを毎回飲み すっきりしてから走る、を繰り返す。 ロレトのすこし前まで汗をだらだら流しながら 到着…

ゲレロネグロ~サンタロサリア【じぶんの旅】

10月23日 4人で旅をはじめてから3日ほど経ち 相変わらずのペースだったが色んな体験ができた。 一番はかねてよりやりたかった消防署に泊まることだった。 これも奥さんのゾーリが交渉したおかげだ。 でも、なんだか味気ない。そう感じてしまう自分もいた。 …

ゲレロネグロ~【旅はみちづれ】

10月18日~21日 目の前にはなにもないが広がっている 正確に言うならば、山やサボテンがたくさんある。 しかし、あるというには見すぎてしまった。 考える事もなくなり退屈を感じ始めたこのごろ。 ホテルを見て回っていると中年のアメリカ人男性「ベス」が話…

ORTLIEB バックローラークラシック

定番中の定番ではありますが 長期チャリダーにとってかかせない 荷物がたくさん入るかつ完全防水のサイドバッグ バックローラークラシックです。 メリットとしては ・たくさん荷物が入る ・完全防水 ・取り付け簡単 ・生地が丈夫 40L分入ります。思いの外た…

サンディエゴ~エンセナダ【オラオラオラ】

中米編スタートです。 10月12日 夢でデカイ黒い蜘蛛に腕を噛まれる夢を見て目覚めた。 b 6時にはすでに出発し、メキシコへの国境に向かっていた。 怖さ半分楽しみ半分でテンションがおかしくなっていた。 国境では両替所がたくさんあり電車も近くに止まる。 …

【アメリカンな日々】ロサンゼルス

2016年10月5日~12日 プライバシーの問題や扱いの難しい出来事があり 様々なことを考えた結果 今回は大まかに書いていこうと思います。

モントレー~ロサンゼルス【ロス、迷って】

昨日は風で自転車を倒されそうになり 海岸の本気の突風を思い知りながら 横の橋を渡った先に こんな木で分かりにくい場所にテントを張った。 その日の夕食、パスタinスープon温玉 うまい 出発! 後ろの支えがなく落ちそうで怖い ヤシの木ばかりで新鮮 大仏さ…

モントレー ~ロサンゼルス【アザラシのひるね】

走っているとなにやら、海岸に人だかりができており 向かってみると アザラシだらけ(゜ロ゜) まだまだアメリカは顔を持っていたようだ いったいいくつあるのやら 昼食休憩、かわいい 昼下がり、海の町に辿り着く 夕暮れになり、野宿場所を探していると 電車…

モントレー~ロサンゼルス【綺麗な海岸線】

モントレーにて日本の寿司職人のマエダさんの元で、5日ほどお世話になっていた。 その間は 前田さんが出勤と同時に外出し、食べ歩きしたり、スタバでネットをしたり、海岸でのんびりしたり。 日が落ちて、マエダさんに合わせ帰宅。後は酒を飲みつつ話したり…

サンフランシスコ~モントレー【浜辺の寿司職人】

サンフランシスコの日々もあっという間に過ぎ去り ヒロセ君はアムトラックという列車を使いシアトルへ 旅立って行った、なんだかんだ3ヶ月ほど一緒にいた気分だ。 一人の仲間を失ったが自分も自分の道を行かなければ 自転車も寂しそうである。 次の日 サラ…

ヨセミテ~サンフランシスコ【都会、デンジャー】

9月21日 都会の方が危ない。 それは確実に言えることだ。 海外に出てきて、これほど治安が悪そうな場所はバンクーバーのヘイスティングストリートぐらいだ。 道を通るだけでピリピリとした空気が伝わってくる。 周りは落書きが多く、建物には鉄格子が多く備…

【ハーフドームのてっぺん】ヨセミテバレー〜ハーフドーム -アメリカ

2016年9月13日 今日はハーフドームに二人で挑む。 公式には一番難しいルートと書いてあるが いままで伊達に経験を積んできた訳ではないので決行することにした。

デスバレー ~ヨセミテ【道は繋がりて】

ヒロセくんとは現在、別行動を取っている。 モノ湖を早く見ようと横道に私だけ行くことにした。彼は正式な場所に行く為もっと走るらしい。あとで合流する予定だ。 そんなことをしたもんだから、ダートになるわ戻れなくなるわ、道がわからないわ、靴を犠牲に…

大学生チャリダー

朝、ローンパインを出発して様々なことに考えを巡らせながら走っていると 後ろから「HEY!」と声が聞こえて振り返ると 若そうなアジア人が自転車で追走してきていた。 彼は奈良出身の日本人ヒロセ君、ロスから出発して同じくデスバレーを越えてきたらしい。 …

砂漠の風

逆風だ… 向かい風をモロに受けあまり進まない。 そう、我々チャリダーにとっては風は天敵なのだ。 味方になるのは東西南北から吹くと限定し南に向かうとすれば、北だけの4分の一の確率だ。 そりゃ敵の場合が多い。 13㎞前後で走り続けるのは精神的にも堪えた…

【地道に逝こう】ラスベガス -アメリカ

2016年9月1日 今日はホストさんの配慮により、ベガスを案内してもらえることに

【鳴らない電話】ウィッケンバーグ~ラスベガス -アメリカ

2016年8月31日 あれから、数日ある田舎町でカウチサーフィンでお家にお世話になっていた。

【水切れ】フェニクス~ウィッケンバーグ -アメリカ

2016年8月27日 朝、準備を進めていると ドーベルマンが横から現れ、じっと見つめてから急に走り去っていった。 野生だったのだろうか?襲われたら怖かったな。 さておき、順調に走り進めて ウィッケンバーグに辿り着きタコベルがあったので入ってお昼のタコ…

【つながり】フェニクス -アメリカ

2016年8月26日 1つのところに長居してしまったときの朝というのは、旅立つ現実感がない。 まるでこのまま、この日常が続くみたいだ 旅立たなければいけないが現実味もなく、気合いも入らず準備をなんとなく進める。

チャリダーの一日

5:00 起床、うだうだと寝袋から這い出し荷物の整理を始める。 5:30 料理を作り始める、朝は時間を掛けたくないためパスタと野菜を一緒に煮込み野菜スープパスタを作る。 片付けは洗剤を使うことが大半だが、水でゆすぎペーパーで拭き取るだけのとき…

【自堕落で楽しい日々】フェニクス -アメリカ

2016年8月24日 フェニクスに着いてかれこれ5日過ぎた。 今はアラスカボーダーロッジで知り合った ゲーマーのカイルの元でお世話になっている。 正確に言うとその友達の家でお世話になっているカイルの元でである。 彼が何故フェニクスにいるのか?というと …

【さばくのともだち】ペイソン~フェニクス -アメリカ

2016年8月17日 毎回野宿から朝を迎えると少しホッとする。 なんだかんだ危ないと感じているのだろう。 コマーシャルでみたような図だったので写真に納める。 伊藤園、お茶...! cmに似たような写真が撮れた。

旅中の料理ついて

旅において食事とは、大切なことであり楽しみだ。 かの偉大な哲学家は「食べるために生きるな、生きるために食べろ」 とは言っているものの、食べるために生きてもいいとさえ思えてえきた。 旅に出る前は男子厨房に入らずを身を持って実践してきたが いまや…

【綺麗な夕日】ペイソン~レイ -アメリカ

2016年8月15日 いつでも上手く無料キャンプ場が見つかれば楽なのにと思いながら キャンプ場でスッキリ目が覚めて、順調に走り出す。 はずだったのですが、前輪がへっこんでおりタイヤを外す。 チューブがバーストしたみたいに破れていた。大往生なされた。 …

【風を感じた日】グランドキャニオン~フラッグスタッフ -アメリカ

8月14日 フラッグスタッフに向かう途中の念願のペアラン

【坂地獄】テペク〜グランドキャニオン -アメリカ

8月7日 昨日、野宿を敢行した。 夜中は牛がわりと近くまで接近してきたが、なにも害を加えてきませんでしたが すごいプレッシャーでした。

【待ちぼうけ】アンテロープキャニオン -アメリカ

8月6日 イエローストーンから数週間、【宣教師の恐怖】など色々ありましたが いま私はグランドキャニオンのあるアリゾナ州に来てます!

【愉快なチャリダー編】イエローストーン -アメリカ

7月20日 今日も今日とてアップダウン挑む。二ヶ所あると聞き、早めに出発していた。 そして、世界最大の間欠泉を観覧しご満悦で次の場所に向かっていると 昨日のオジサンが渋滞の最前列で自転車にて止まっているではないか! このオジサンはキャンプ場が一緒…

イエローストーン~絶景編~

数が多いので、個人的に絞った上ランキング形式で紹介します。 3位 タワーフォール この写真を撮る為に下まで降りて、近くまで行き己の靴とズボンをビショビショにして 撮った一枚です。迫力があり綺麗な滝でした。

イエローストーンの愉快な動物達2

前回の続きです。 bicycleman71.hatenablog.com ・プレーリードッグ ホットスプリングスの影に彼らあり、というぐらい居ます。 イエローストーンの彼らは他より警戒心が薄いように感じました。 おこぼれを貰おうと人が居るのにテーブルの下に潜り込んだりし…

イエローストーンの愉快な動物たち1

今回はイエローストーンにいる動物達を紹介します。 ・ブラックベア カナダでは毎日のように出会っていたので ある意味宿敵との再会のような気分でした。 しかし、危険性でみればさほどではなく 小熊の居る母親でもなければ、狂暴ではありません。 向こうの…

【カップル編】イエローストーン -アメリカ

2016年7月18日 前日にカップルで自転車旅しているリズィーさん達と 偶然というか道順により必然的に一緒になり 夕飯を一緒に食べ親睦を深めた。 彼らはカナダからメキシコ手前まで旅をしているらしい 道はアドベンチャーサイクルに沿った道だった。 それにし…

なべとコッフェル

料理するにはかかせない「なべとコッフェル」を紹介します。

イエローストーン【温泉編】

遂に私はたどり着いた! シアトルを出発し、約20日。 山越え谷越えパンク越え、温泉沸き立つこの地へ! イエローストーンでは実は、入れる温泉があるという。 それは入らない以外、選択肢などない。 ここに来た理由も温泉が大半の理由だ。 入れる温泉へはわ…

【晩餐のケンカ】ビュート -アメリカ

トイレにてある作戦のため、気合いを入れていた。 それは彼らの笑顔を取り戻す為だ。 ここで引き下がることなどはできない!

【捨てる神あれば拾う神あり】ミズーラ -アメリカ

何度パンク修理しても、パンクを繰り返す! ここにきて修理したつもりが、進み始めると空気が抜けたり 刺さってる針が実は二つあったりした。 朝から野菜炊き込みご飯にマヨネーズをかけて食べるのが 革新的に美味いとかやってる場合ではなかった。

【ロウロの温泉】ロウロホットスプリングス -アメリカ

最近は野宿もいたについてきて、ますます野生化が進んでおります。 アルバートンの川の近くで野宿をしたのは理由があり、ここから少しダートの道に入り 山道を進むと、なんと温泉にたどり着くのだ! これはたとえミズーラに向かうのに 周り道だとしても行く…

世界を巡る理由

旅を始めて二ヶ月と十日ほど経ちました。 始めたころの新しい物や人に触れ 身体中に熱が走り 旅に恋でもしたような日々は過ぎ去り ただの理由ではこの非日常は空虚とさえ 少し感じるようになっている。 今、本当に問われている気がしています。 旅を続けるそ…

【これまでの】シアトル〜スポーカン -アメリカ

シアトルのスペースニードル、でかい

【バンクーバーの夫婦-別れ-】バンクーバー -カナダ

6月19日 約束どおりバンクーバーにて3度目の再会を果たし デニス達の所にお世話になって5日が過ぎ とうとう、今日が出発の日だ。 楽しい日々を過ごさせてもらった。

【バンクーバーの夫婦-再会編-】クリントン -カナダ

2016年6月6日 その時、私は予定地よりも前のキャンプ場で値段交渉をしたところ 安くして頂いたので たまたまクリントンをキャンプ地とした。

【バンクーバーの夫婦-出会い編-】メジアディン・レイク州立公園【カナダ】

私はバンクーバーにて一週間 旅の途中で偶然出会ったある夫婦にお世話になっていた。 それを語るには約1ヶ月ほどさかのぼる。

バンクーバーグルメ紀行2

・Stepho's Souvlaki Greek Taverna バンクーバーまできて地中海料理屋か? いえいえ、ここは多国籍が集まる国 様々な場所の料理が楽しめるということ。 ここは特に地元で人気のお店で よく行列ができている。 行くとすれば、昼等早めに行くことをお勧めする…

バンクーバーグルメ紀行

バンクーバーについてから約半週が過ぎた。 私といえばフード巡りに明け暮れる日々である。 なぜか、その行動の根元は 度重なるキャンプで積み重なった。 食べ物への執着が原因だろう。 簡単に率直にところ憚らず申し上げると お腹一杯もう食べ物が見たくな…

99 Way

私は97Wayのクリントンから入り 97Wayから別れている道だ。 別れる道、どちらからでもバンクーバーには行ける。 工場がひとつ見えた、芸術的にも見える ここまで来るのに 歩くしかないアップダウンの後 突然あらわれた、この景色には圧倒された。 パビリオン…

【チュートリアルの終わり】プリンスジョージ〜バンクーバー -カナダ

今日は朝から雨だった。 弱まった所を見計らい、荷造りをし雨の道を切って行く。 なんだか6月というには寒い。 雨が降ると、雨を通す雨衣が冷たくなり余計体温を奪います。 さらには視界をも奪う。 下りにて、一度トラック水を掛けられて 完全に視界を奪われ…

Alice rake Campingground アリス・レイク州立公園

アリスレイクキャンプグラウンド 清潔度☆☆☆ アクセス☆☆ 設備☆ スタッフ☆☆ スコーミッシユ近くにあり、 とてもキレイで 雰囲気はとても神秘的で動物もたくさんいる。 鳥、リスを入ってすぐに見かけた。 クマも出るらしいので注意が必要。 ホットシャワーあり…