世界で孤軍奮走

元自衛隊が自転車で世界一周するブログ

【二度ある事は】CerroSombrero〜Onaisin−チリ

2018年5月8日

 

シロと別れてから5日目、風には困らされているものの最南端を目指して走っていた。

 

ここでアルゼンチンを目指す関係上、チリに再び入国してセロソンブレロのツーリストセンターでキャンプしていた。

 

 見てください!こんなキレイなシャワーまであるうえに、Wi-Fiまでついてるところなかなかない。

 

だから昨日はメンタルが少しだけ癒されから眠って、スッキリして目覚めました。 

 

続きを読む

【白いお別れ】Esperanza〜RioGallegos−アルゼンチン

2018年5月3日

 

昨日から犬のシロとここで別れるか考えて、朝になってしまった。

 

出発準備も整いあとは走り出すだけだったが、シロが朝食を食べてからまた木の根元で丸くなって寝ており、近くに寄ってくる様子はなかった。

 

そこで声をかけずに進みだして追いかけてこなかったら置いていく、追いかけてきたら最南端まで連れていくと決心し、テントの近くに買ったシロ用のビスケットを置いて進みだした。

どこかで気づいてほしい気持ちがあった…。

続きを読む

【白い相棒】ElCarafate〜Esperanza−アルゼンチン

2018年5月2日

 

吹雪の夜を過ごし、無事に朝を迎えると一層と周りには雪が積もっていた。

 

橋の下にテントを張っていて助かった。橋の下だからもちろん水が流れるようになっているのだが、流れはじめの湖が凍っていてしばらく雨も降っていない様子で、氷の床になっていた。

 

氷の床と雪原を抜けて、もとのコンクリの道路に戻り走り出す。

続きを読む

【白い景色と白い友達】Calafate−アルゼンチン

2018年5月1日

 

いまキャンプしている場所は、おなじみのホテルと併設されているキャンプグラウンド。

 

あさ9時ぐらいにならないと中のキッチンを使えずそれまで寒さに震えていなければならないが100アルゼンチンペソ(500円)ほどなので、アルゼンチンでいえば破格の値段だった。

 

今日は出発日なので、6時ぐらいに開けてもらい朝食を作る。

 

長期でチャリダーをやっている人ならわかってくれるが

どうしても朝食を抜いてしまうと腹ペコすぎて、あるものをひたすらに食べてしまうのでしっかり食べなければならない。

 

 

出発してすぐの街の中心地、犬がいきなり脇から飛び出してきた。

続きを読む

【ペリトモレノ氷河】Carafate−アルゼンチン

2018年4月28日

 

朝6時に起きてキッチンに向ったものの、ホテル自体の鍵が閉まっておりオーナーさんの起きてくるまで待ちぼうけをくらってしまう。

 

同じようにご飯を待ちかねているネコと待っていた。マジ天使。

続きを読む

【無風な日】Chalten〜Carafate−アルゼンチン

2018年4月27日

 

8時に日の出とか遅すぎやしませんかね

 

暗いときには走り出せないので一日の走る時間は短くなっている。

 

一日に8時間も満足に走れなくなってきた。

 

これでは一日100kmも楽に走れない。

続きを読む

【フィッツロイへトレッキング】Chalten−アルゼンチン

一人だったら行く予定のなかった湖やフィッツロイへのトレッキングに行った。

 

 

なんだか一人ガラが悪い。

続きを読む